本文へ移動
●ノベルティの担当ですが、毎年この時期になるとネタ切れで悩んでます。→どんなご相談、ご要望にも対応させていただきます。
 
特注品のご案内を改善すべく、これまでの実績事例を盛り込んだリーフレットを作成致しました。どのような商品がどのくらいのロットで作れるのか一目でわかるようにしてあります。ノベルティなどご検討にご活用ください。2017年12月にリーフレットを送付しております。ぜひご覧くださいませ。
 
 
●毎回新商品の在庫を電話で確認しなければいけない。情報をもらえないか。
 
ご要望のお客様のメールアドレス宛に新商品の在庫表を毎週月曜日にお送りしています。(2017年12月スタート)在庫表送付をご希望のお客様は弊社代表アドレス【info@furukawashiko.com】へ「在庫表送付希望」と明記の上、メールにてご連絡ください。
 
 
●紙ものだけでは特集ができない。立体的なものがほしい。
 
そえぶみ10周年の棚特集で布もの商品を作りました。
 
 
●ポップなどの販促物はどうしたらもらえるの?
 
今まで営業担当に個別に依頼頂いておりましたが、
カタログ に記載をし、商品と一緒にお気軽に依頼頂けるようになりました。
 
 
●他のお店と差別化できる売り場をつくりたい
 
営業1人、デザイン部1人づつペアとなりそのお客様だけの特別な棚提案をする仕組みを設けました。1からお客様のお声を聞いて作成するので、お客様だけの特別な売り場を作ることができます。ご要望のお客様は各営業担当まで。
 
 
●限定商品の在庫状況がすぐに知りたい。
 
ご依頼いただきましたらすぐに最新の在庫表が送れる仕組みを作りました。御気軽にご依頼下さい。
 
 
●商品の情報が届かない。本社には届くのに支店には何も来ない
 
弊社カタログについて、今まではお客様の本社にしか送っておりませんでした。
情報が届かないとの声を頂き今後必要な支社・店舗様にもご希望があればお送り致します。
 
 
●古川紙工のFacebookでお店で行うイベントをPRしたい。
 
ご希望があれば販売促進・WEB・広報・システム課でWEBでFacebook・Instagramなどで配信してイベントを盛り上げます。
 
 
●商品マスタデータの急ぎの対応をしてほしい
 
営業担当が都度対応しており、出張時には急ぎの対応ができていませんでした。新しくシステム課を設け、社内で担当者を別に設けました。
 
 
●その商品が廃盤かどうかわかるようなカタログにしてもらえないと不便
 
2016年11月29日よりHPにて「廃盤リスト」をダウンロード出来るようになりました!
※セキュリティで保護されていますので、各営業担当者までお問い合わせください。
 
 
●手紙の書き見本・POPを提供してほしいです
 
夏商品から書き見本の提供を始めます。ご希望のお客様は各営業担当者までご連絡ください。
(数により納期をいただく場合がございます)
 
 
●『遊び箋』をどうやって使ったらいいか解らないというお声がある
 
ユニークな罫線が持ち味の『遊び箋』ですが、一般ユーザー様からの「どうやって使うの?どこに書くの?」と言ったお声も寄せられがちでした。そこで今夏の遊び箋から、商品の裏面に使用例を封入し、使用イメージを持っていただきやすくしました。
 
 
●オーダーした際に品番入力のミスがある
 
今春より受発注システムを入替し、お客様からいただいたエクセルデータをそのまま活かしての御発注が可能となりました。これにより弊社側での入力ミスを防ぐことが出来るようになりました。是非ご活用ください。
 
 
●もっと気軽に商談したい。東京に拠点はありませんか?
 
岐阜本社と関西の神戸支店を拠点に活動していましたが、29年4月より関東のお客様のに多く訪問できるよう東京事務所を開設しました。現在は在住営業ではありませんが、
今後人員を配置してスピード対応致します。
 
 
●営業担当と営業サポート2人態勢での担当制をしている。「営業サポートの顔を見てみたい。」
 
営業サポート担当が2カ月に1度お客様の同行しています。「顔が見れて、気軽に相談できるようになった。お願いごとがしやすくなった。」とのお声をいただきました。
 
 
●そえぶみ箋什器でもう一度アクリル什器を復活してほしい
 
お客様の声を受けて割れにくく、軽量なPET素材で復活しました。個別の仕切りを取りそえぶみ箋以外の商品も一緒に置けるよう改良しました!(条件は以前と同じです)
 
 
●高額な金額が入れられる上品で高級な祝儀袋がほしい
 
11月発売の紙々新商品でこちらも発売になります。サイズも横130ミリになり、5万円以上の金額を入れられる作りになっています。品番:VJB1上代:1,800円 出荷単位:1
 
 
TOPへ戻る