本文へ移動

商品加工事例

商品加工事例

活版印刷
【加工例】活版はがき
活版印刷は版の出っ張っている部分にインクを付け、紙にインキを転写する印刷方法です。その際に紙に圧力がかかるので、独自の凹凸がでます。また、版に付くインキの量や場所が刷る度に異なるので刷りムラが出たり、1枚づつの仕上がりに個性が出るのも特徴です。もともとは活字と呼ばれる金属を組み合わせて版を作る印刷法ですが、現在は樹脂や金属プレートを腐食させて作成する版を利用しており、データから製版できます。オフセット印刷と比べて、文字の形に凹みを出したり、わざとかすれさせたりすることができます。
その他紹介
TOPへ戻る