美濃和紙について

 
 
 
1、美濃和紙の歴史について

古代 パピルス、シルクロード、聖徳太子。歴史が産み、育てた紙

紙の起源は、5,000年前の古代エジプトの「パピルス」であると言われています。
 
しかし、パピルスはその茎を圧着・組み合わせ紙状にしたもので、
現代の植物繊維を叩いて作った紙とは、質感も製法も全く異なるものでした。
 
現在の紙の原形となったものは、紀元前2世紀ごろ、中国の漢の時代に発明されたものと考えられています。中国で発明された紙づくりの技術は、シルクロードによる交易を通じて広がっていきました。
 
日本での紙の基礎を作ったのは、聖徳太子でした。聖徳太子が摂政のころの610年、朝鮮から製紙の方法が渡ってきました。
これが日本における最古の記録ですが、
それより100年も前に福井県の今立町では紙漉きが行われていたという説があります。

仏教を重んじた聖徳太子は、写経も推奨しました。写経に用いる大量の紙を確保するため、紙作りの保護育成の政策を推進しました。製紙術の改良が行われ、わが国在来の楮(こうぞ)を使った楮紙が多く作られるようになりました。
 
中央ばかりでなく、地方でも多く作られるようになってきました。
 
現存する、わが国で漉かれ、年代の明らかな最古の紙は、正倉院に伝わる702年(大宝2年)の美濃、筑前、豊前の戸籍用紙です。また、正倉院に保管された奈良時代の文書には、紙名や和紙名が数多く記されており、当時でも約20の地区で紙漉きが行われていたことがわかります。なお、770年の「百万塔陀羅尼」(麻紙)は、現存するわが国最古の印刷物です。

平安 紫式部も褒めたたえた和紙

平安時代に入ると間もなく、嵯峨(さが)天皇の大同(だいどう)年間(806~810年)に、図書寮別所として紙屋(かみや)川のほとりに宮廷用紙を漉いて研究を行う紙屋院(かみやいん)が拡充移設され、全国の製紙に向かって指導的役割を果たしました。
 
紙屋院の組織や作業は『延喜式(えんぎしき)』の「図書寮式」に示されており、当時の製紙のようすがうかがい知られます。その恵まれた環境で漉かれた優美な紙は、「紙屋紙(かんやがみ)」の名で貴族間に愛好され、また舶来の唐紙よりも上質とされて唐へも逆輸出されました。『源氏物語』や『枕草子』のなかには、紙屋紙をたたえることばもみられます。
 
しかし平安朝も末期になると、摂関政治の威信の低下と地方有力者の台頭を反映するかのように、紙屋紙や紙屋院の名声も落ち、かわって地方産のみごとな紙が都へ流入してくるようになります。
 
その先駆けは東北地方からの「陸奥紙(みちのくがみ)」。
 
紫式部もその優美さを紙屋紙と比肩しているもので、その紙質は大宮人(おおみやびと)の好みにあい、男性はこれを唐風に檀紙(だんし)と称し、女性は真弓紙(まゆみのかみ)ともいって、
その使いざまが当時の文学作品や日記類に記されています。
 
紙漉きは、地方の荘園(しょうえん)からの収入で豊かになった各地の産業のなかで一段と盛んになり、地方産紙は中央の紙屋紙を圧倒するほどの勢いをみせました。そして白河(しらかわ)上皇の院政が始まるころから、紙屋紙は古紙を再生した漉き返し、すなわち「宿紙(しゅくし)」を意味するまでに衰退していきました。

鎌倉 武家の世。鎧の中にも和紙が

鎌倉時代から室町時代には、公家にかわって武士が権力をもつ世の中となりました。
公家が懐中紙として使用したのと同じように武士は鎧の引合(ひきあわせ-胴の右脇で前と後ろとを引き締めて、あわせるところ)に入れたため、そこから「引合」の名でよばれるようにもなりました。
 
また播磨国の杉原紙や越前国の奉書などもこのころ出始めました。一方、斐紙は、鳥の子紙の名でよばれる雁皮紙と、このような淡黄色ではない三椏紙(みつまたがみ)の2系統に分かれ、
越前五箇村や駿河国伊豆方面で発達して全国的に普及していきました。
 
雁皮紙は肌が滑らかでペン書きもできるため、外国の宣教師にも人気があったらしく、これに属する多くの紙名が、後の1603年(慶長8年)に長崎で出版された『日葡(にっぽ)辞書』に集録されています。

室町時代 傘・灯り。庶民の生活の日常品へ

室町時代から建築様式に書院造が流行するにつれ、建具として襖障子(ふすましょうじ)のほかに明(あかり)障子に用いる紙の需要が増していきました。
 
また雨傘用の紙が全国で増産されていきます。ちり紙も広く使用されるようになり、
庶民の日常生活の必需品として紙が多彩な用途をもつようになりました。

江戸時代 江戸文化花開く、和紙全盛期

江戸時代には、経済力のある町人の手によって紙の取引が盛んとなって、諸藩は競って製紙を財源の一つとして奨励しました。活版印刷の技術が輸入されると「奈良絵本」や「嵯峨(さが)本」の流行をきたし、江戸文学の興隆は書物としての紙の需要を増加し、また庶民の目を楽しませる浮世絵版画は紙の加工技術を発達させた。
 
そして藩のなかには、用途の広い半紙、障子紙、ちり紙などを専売制とするところも現れ、
江戸とともに大坂市場では紙の商取引が盛んに行われていきます。
 
1736年(元文1年)の記録によれば、大坂市場では紙は米・木材に次ぐ第3位の取扱高を示していました。各藩の大名、大寺院や大社も大坂に倉屋敷を設けて納入していましたが、公的に扱われる紙は御蔵紙(おくらがみ)と呼ばれ、民間で使用される紙の納屋物(なやもの)あるいは脇物(わきもの)と区別して品質が管理されていました。
 
しかし全体の取扱量は、蔵物が年平均13万丸(がん)(半紙の場合1丸は1万2000枚)であるのに対し、脇物は17万丸以上。いかに庶民の間で紙が日常的に使われていたのかがわかります。まさに和紙の全盛時代と呼べるでしょう。

明治以降~ 和紙の未来へ

明治時代、インクや印刷機、洋紙が流入してきました。生活様式の変化もあり、和紙は洋紙に実用品としての地位を徐々に奪われた形になりました。現在では、生産量は伝統工芸品として漉かれることがほとんどです。

優美な和紙は美術の分野などではもちろん、耐久性、強靱(きょうじん)性を生かし文化財の修復に使用されるほか、天然素材の地球環境に優しい製品として、日本国内のみならず、世界中から和紙への注目が高まっています。
 
 
 

美濃・美濃和紙資料館


美濃和紙のふるさと・岐阜県美濃市は、わたしたち古川紙工株式会社のふるさとでもあります。岐阜市から車で40分、名古屋からは高速を使えば1時間あまりで到着するこの静かな「うだつのあがる町並み」は、美濃和紙の歴史とともに成長してきた町です。美濃和紙の歴史は古く、1300年前からこの地で生産されてきました。私たちがみなさまにお届けしている和紙のなりたちをよく知っていただくとともに、この土地ならではの魅力をお伝えすべく、この資料館を開設しました。
東京からも日帰りできる美濃へ、ぜひ遊びにいらしてください。そして日本の伝統ともいえる和紙のぬくもりをぜひ感じていってください。
2、和紙について

和紙の原料

和紙の原料は、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)の三つの原料を主とし、紙漉きにかかせないネリ(粘液)を加えます。ここでは、和紙の原料を詳しく見てみましょう。

楮(こうぞ) クワ科

クワ科の落葉低木。高さは2~5メートル程度。比較的どのような土地柄でも育ちます。現在の主な産地は高知県、茨城県。かつては岐阜県美濃でたくさん取れました。繊維が太く長いため、強い紙が作れます。奉書紙、水墨画用紙、書道用紙などから、和紙人形、工芸品の紙にいたるまで幅広く使われます。

三椏(みつまた) ジンチョウゲ科

植えて3年ほどすると高さ2メ-トルほどになる落葉低木。主な産地は四国・中国地方の山地。楮に比べ、繊維が短くやや強さをかきますが、表面が滑らかで光沢のある紙ができます。襖(ふすま)紙、印刷用紙などに用いられます。

雁皮(がんぴ) ジンチョウゲ科

わが国では古くから使われていました。栽培が難しいため山野に自生しているものを使います。細かい繊維で、薄くて強い光沢のある紙ができます。また虫害に強いので保存が必要な紙などに使われます。

トロロアオイ アオイ科

紙漉きに欠かせないネリ(粘液)として、トロロアオイの根が使われます。くだいた根を水につけて、ドロドロの透明の粘液がとります。これを漉槽(すきそう)のなかの原料に混ぜこみ、よくかき回します。粘液を入れることで、原料が漉槽全体に浮遊するので、漉簀(すきす)の上に汲んだ原料をうまくからませることができます。これにより薄くても強い紙が作れるわけです。時間が経つと、この粘性は自然になくなります。
 
 
 

和紙ができるまで

1.刈りとり

和紙の原料となる楮を刈りとります。冬至の頃におこない、根っこよりやや上の部分までを残して刈ります。そこからまた新しい枝が伸びて、来年にはまた収穫することができます。

2.蒸し

刈りとった楮を釜の中に入れ、その上から桶をかぶせて蒸気で蒸します。 蒸すことで、楮の皮が剥ぎやすくなります。現在は釜ではなく専用の大きな部屋に入れて、大量の楮を蒸すことができるそうです。

3.皮剥ぎ

蒸し上がった楮を、温かいうちに手早く皮を剥ぎます。剥いだ皮は、束ねて竿などにかけて一度乾燥させます。

4.外皮(あらかわ)とり

乾燥させた楮の皮を水に浸して再び柔らかくし、さらに皮の表面を覆う黒い皮(外皮)を、たぐり鎌というナイフ状のもので一本一本削り取っていき、和紙の原料として用いる白い皮部分(内皮)のみにします。それを、日光にさらして再度乾燥させます。 現在はここまでの作業を楮業者が行い、原料として紙漉職人のもとに納入されることが多いそうです。

5.水浸け

乾燥させた内皮を、川の浅瀬や水槽に2~3日浸し、不純物を取り去ると共に漂白をします。

6.煮熟(しゃじゅく)

水に浸け柔らかくした内皮を沸き上がる大きな釜に入れ灰汁(あく)で皮に含まれる繊維同士をつないでいる成分を1時間半~2時間ほど煮溶かします。
灰汁は、昔はもみ殻や稲わらなどの灰を使っていましたが、現在は石灰やソーダ灰などのアルカリ性煮熟剤を用いることが多いそうです。

7.ちり取り

煮熟することで内皮が柔らかい繊維になった紙料を釜から取り出し、洗い場でちり取りを行います。ザルに入れた紙料を流水に浸けながら灰汁と不純物を洗い流した後、紙料に付着している小さなチリやゴミを一つ一つ丁寧に手で取り去っていきます。 
この工房の洗い場は、小さな小屋の中に幅40~50センチ程の水路が横切り、綺麗な井戸水が流れていました。その水路の脇に座布団を敷き、座りながら身を乗り出すような姿勢で長い時間ちり取り作業をします。

8.叩解(こうかい)

ちり取りを行った紙料を、木槌(きづち)で叩くことにより、繊維を細かくほぐしていきます。 
現在では大きな複数の刃を電動により回転させて叩解する「ビーター」と呼ばれる機械を用いることが多いそうです。

9.紙漉き(かみすき)

漉舟(すきぶね)と呼ばれる大きな風呂桶のような木製の水槽に、叩解した紙料と水を入れ、馬鍬(まぐわ)で漉舟の中の紙料をよく分散させます。 次に黄蜀葵(とろろあおい)の根から抽出した粘液(「ねり」と呼ぶ)を適量入れ、竹の棒などでさらにかき混ぜ、ねりの量と強さを加減し調整します。 ここまでの準備を「紙を立てる」といいます。
これを、すき枠ですくい取り、前後左右に揺り動かしながら適当な厚さの紙にすきます。

10.脱水

紙に含まれている水分を抜くため、紙床板ごと紙床を圧搾機(おしば)に載せ、板を上から被せて挟み込んだのち、重石やジャッキなどで圧力を加えることで押ししぼっていきます。 この作業により60~65%まで水分量を減らします。

11.乾燥

脱水した紙床より和紙を一枚づつはがして、紙の表(おもて)を手前側にして干し板(ほしいた)に張り付けていきます。張り付ける時は、紙に傷やしわがつかないように馬のたてがみでできた刷毛で表面を撫でながら張り付けます。 張り終えた板は、野外に出し天日干しをして乾燥させます。天気が良ければ、2~3時間程度で乾くそうです。
また最近では乾燥機を使用することもあります。

12.選別

乾燥した紙は板からはがして回収し、一枚一枚光に透かしながら目視により紙の仕上がり具合(チリやキズ、厚さなど)を入念に確認していきます。

13.製品

出来上がった本美濃紙や薄美濃紙などの和紙は、生紙の状態が一般的ですが、封筒、はがき、便箋、名刺をはじめとする加工製品や、巻書簡箋文化財修復紙、表具の裏張り、障子紙、提灯紙としても利用されるなど、美濃紙はさまざまな用途・分野に応じた形態で広く活用されています。
 
 
 

「手漉き」と「機械抄き」

同じ「和紙」と呼ばれるものでも、「手漉き」と「機械抄き」があります。ここでは、ふたつの違いについて考えてみましょう。

手漉きと機械抄き

「手漉き」は伝統的な「流し漉き」「溜め漉き」の技法を使用し、職人が一枚一枚丁寧に漉いています。仕上がった紙には四方に手漉きの特徴である「耳」ができます。また、職人の手作りであるので、一点としてまったく同じものは存在しません。また、「溜め漉き」の技法を利用して「機械抄き」では製造できない厚さのある紙を造ることができます。
「機械抄き」は和紙の伝統的な製法である「流し漉き」の手法を機械に置き換えて製造する方法です。比較的均一な紙を造ることができ、洋紙ほどではありませんが大量に造ることができます。しかし、伝統的な原料から製造しますので「手漉き」と同様に天然原料の持つ光沢や風合いを活かした美しく強靭な紙を作れます。
本来は「手漉き和紙」こそが「和紙」という存在であったとされていました。しかし日本古来の「手漉き」が色々な道具や手法を取り入れて進歩し現在に至ったということを考えると「機械抄き」も「和紙」の形の一種と考えられます。

「流し漉き」

日本独自の手漉き技法。靱皮繊維(雁皮・三椏・楮など)の紙料にネリ(植物性粘液)を混ぜ、簀桁ですくい上げ、全体を揺り動かしながら紙層をつくり、簀桁を傾けて余分な紙料を流す。横にも縦にも破れにくい紙ができます。

「溜め漉き」

中国古来の紙漉きの技法。日本独自の流し漉きと違い、ネリを用いない。一枚ごとに簀桁の中の水を簾の間から自然に落として漉き上げる。証券や賞状などに用いられる局紙は溜め漉きで漉かれています。
 
 
 

和紙と洋紙の違い

江戸時代以降に海外から入って来た、木材パルプを原料とした機械生産による紙を、和紙と区別して言います。ここでは、和紙と用紙との違いを、歴史背景も絡めて紹介します。

「洋紙は100年、和紙は1000年」

「洋紙は100年、和紙は1000年」という言葉があります。文字通り、和紙と洋紙では紙の耐久性に大きな違いがあります。木材パルプとインクを使用した洋紙は、多くの薬品を使い、ほとんどが酸性であるため、100年も経つと黄ばんでボロボロになってしまいます。しかし、和紙は天然の植物繊維を、漉くことによって繊維を絡ませることができるため、強靭で保存性に富んでいます。日本で漉かれた紙で最も古いものは、正倉院に保管されている、大宝2年(702年)の日付のある美濃、筑前、豊前で作られた戸籍に使われたもので、洋紙は、19世紀中ごろに作られた本の3分の1が、今では補修もできないほど劣化してしまっていたといいます。
見た目の美しさも、大きな違いです。洋紙では白くするために薬品などを使います。和紙の中にも化学薬品を使っていて、時間がたつと黄ばむものがありますが、そうでない和紙は逆に時間とともに光線にあたって白くなる性質があります。和紙は長く大事に使うことによって、時間とともに味わいが出てくるもの。手に取るとすっと手になじむ触感。手漉きのため一枚いちまい違った持ち味の和紙は、天然素材で地球に優しく、美しい和紙は、世界からも注目されています。
加工しやすく、強靭であるという点でも、和紙が勝ります。洋紙は、低コストで大量生産するために、木材の繊維をすり潰して粉末のようにして使いますが、和紙は繊維をすり潰さず、漉すことでそのまま生かすため、繊維が持つ本来の強靭さを失わず、加工性に富んだものができます。
江戸時代では、洋紙は記録用にすぎませんでしたが、和紙は加工用として、雨傘・提灯・行灯・下駄の泥よけ・着物・食器など、私たちの生活と密着な関係にありました。現代では、国内だけでなく世界中で、美術品や文化遺産の補修など、さまざまな用途で和紙が使われています。
 
 
 

暮らしの中の和紙

暮らしを支える日常品。そして、大切な時間をさらに特別にするものとして、和紙は私たちの生活に寄り添っています。他のどんな素材より、温もりを伝える和紙でできた品々をご覧下さい。
便箋・封筒
はがき
名刺
水引
包装紙
扇子
団扇(うちわ)
ドレス
草履(ぞうり)筒
障子
ふすま
屏風
壁紙
あかり(照明)
ちぎり絵
折り紙
風船
お面
張子
小物入れ
人形
 
 
 
3、美濃和紙の取り扱い店舗のご案内

和紙の店 「紙遊」

「和紙で営む丁寧な生活」をコンセプトに、美濃和紙をはじめとした和紙や和紙雑貨を各種取り揃えております
住所:岐阜県美濃市常盤町2296
電話番号:0575-33-1814
http://www.shiyu.co.jp