伝統を重んじたモノ、素材を活かしたモノ、デザイン性に溢れるモノ、を
様々なカタチでブランドごとにご提案いたします。

古川紙工-会社概要 古川紙工の歴史と沿革

天保6年 1835年 創業。初代古川幸助が“古川商店”を創業し、美濃国産紙の「商い」を始める
旧本社社屋
昭和4年 1929年 5代目古川幸助が美濃和紙特産の薄い雁皮紙を使用し鉄筆用謄写版原紙の製造開始し、全国各地に販売
当時の社内の様子
昭和15年 1940年 社名を現在の“古川紙工株式会社”に変更
当時の看板
昭和38年 1963年 タイプライター原紙を製造開始、「リバティーブランド」にて軽印刷業界、事務機器業界に販路を拡大する。その後、教材用紙製品(グラフロール、FAX原稿用紙、作文原稿用紙等)を製造販売する
1959年の社内の様子
昭和45年 1970年 美濃和紙を主体とした、便箋、ぽち袋、書道用和紙工芸品、写経用紙、半紙、画宣紙等の製造販売を始める
平成11年 1999年 古い和紙の倉庫を利用して、直営の小売店 “紙遊” を開店する
平成19年 2007年 WEBオンラインショップを開設する
平成21年 2009年 設立90周年を迎えて今後の5ヵ年計画を発表